親鸞会のメイン施設「親鸞会館」は2000畳の大講堂がある

親鸞会の秘宝、親鸞会館とは

親鸞会は全国的に広まっている宗教団体です。親鸞会の力は日毎に高まっており、政治方面における展開もますます可能性が強まっています。そんな親鸞会が誇るのが親鸞会館です。親鸞会館は親鸞会館のメイン施設であり、毎年多数のメンバーがこちらの施設を訪れます。

親鸞会館は色々と特徴が多い施設でもありますが、なんといっても実に贅を尽くされた作りになっていることは強調しておきたいところ。何よりもこちらのメインアトラクションとなるのが施設の中心になる大講堂です。この大講堂は2000畳もの広さがあるだけでなく、音響機器等の多様な最新技術も活用されています。

大講堂の収容人数も多いですが、信者が一堂に会してお祈りをする風景は圧倒的なものです。「親鸞会に入って良かった」「教えが正しいから、みんな信じているんだ」といった感動が得られるくらい、この大講堂における祈祷は印象深いものがあり、一度はこの大講堂でお祈りをしてみるべきでしょう。

色々な講演も行われる

この親鸞会の施設では多様な講演も行れています。例えば、大講堂で布教活動についての講演もありました。布教活動は親鸞会の骨幹といっても良いものですから、こうした講演に注目する人も多くなっています。

他にも、信者のあるべき姿について、この大講堂ではよく説教されています。どの説教も信者ならば絶対に拝聴しておくべきものですが、「親鸞会館まで行くのは大変」「家から遠い」といった人もいるかもしれません。また、圧倒的な収容人数を誇る大講堂であっても、やはり全国の信者を収容することはできません。

そのため、大講堂におけるスピーチはその多くが収録されて、要約などが手に入るようになっています。こうしたスピーチからは親鸞会トップの考えも伺えるものであり、どのように信仰の問題に対応したら良いのか困った際には、「講演でこう語っていた」と引き合いに出されることもあります。それくらいこの講堂で行われるスピーチは権威があるものです。

まとめ

親鸞会の施設の中でも人気が高いのが親鸞会館です。親鸞会館は親鸞会のメイン施設となっており、全国津々浦々から色々な人が訪れます。親鸞会館ならではのアトラクションも多いですが、何よりも見逃せないのが大講堂です。

大講堂は圧倒的な収容人数を誇る他、多様な最新技術も活かされています。そんな大講堂における講演は実に権威があるものですから、必ず一度は聞いてみると良いでしょう。こちらでお祈りをするのもおすすめします。